下水道使用料改定について

平成31年4月1日から 下水道使用料を改定します
(改定第2段階目)

平成30年4月1日から段階的に下水道使用料を改定しています

下水道使用料は、平成2年に改定して以来、27年間にわたり現行使用料を維持する中で、経費を節減し、経営健全化に取り組んでまいりましたが、赤字営業は毎年拡大している状況です。また、下水道施設の老朽化対策や耐震化対策を推進するために財源の確保が必要となっており、下水道事業を将来にわたり健全に運営するため、段階的に下水道使用料を改定することとなりました。
なお、水道料金の改定はありません。

狭山市公式ウェブサイト

改定の内容

1 改定の時期

平成31年4月1日から改定前(第1段階目)より平均改定率9.34%の改定を行います。

(参考)
平成30年4月1日から平均改定率8.98%の改定を行いました。

2 経過措置

継続して使用されている方は、平成31年5月1日以降の検針分から新料金となります。

・偶数月検針地域の方・・・6月の検針分から新料金となります。
・奇数月検針地域の方・・・5月の検針分は、新料金から一部減額となります。

※改定後の料金と改定前の料金の差額の2分の1が減額となります。

経過措置(PDF)

3 下水道使用料について

下水道使用料新旧表(PDF) > < 下水道使用料早見表(PDF)

2か月間で50立方メートル使用した場合(一般汚水)の計算例

1 改定後の下水道使用料(平成31年4月1日改定分)

基本使用料1,200円 -①
排除量20立方メートルまでの分:12円×20立方メートル=240円 -②
排除量21から40立方メートルまでの分:85円×20立方メートル=1,700円 -③
排除量41から50立方メートルまでの分:95円×10㎥=950円 -④
消費税相当分:327円 -⑤
合計:4,417円 (①+②+③+④+⑤)

2 5月検針分経過措置の場合

・改定前と改定後の使用料の差額:4,417円-4,028円=389円
・差額の2分の1:389円÷2=194.5円(小数点以下切り上げ)
・下水道料金:4,417円-195円=4,222円

上下水道料金の計算について

下のエクセルファイルをダウンロードしていただき、水道メーターの口径、使用水量を入力していただくと、2か月分の上下水道料金が計算できます。

上下水道料金の計算表(新旧)(Excel)

ご不明点やご質問につきましては、下記までお問い合わせください

<問い合わせ先>

狭山市上下水道お客様サービスセンター
電話:04-2999-6077

狭山市役所 上下水道部 経営課
電話:04-2953-1111 内線2315