水が出ない 水の出が悪い

更新:2011年3月1日

水が出ない

一般住宅や事務所などで断水している場合

水道管の破損や漏水又は緊急修繕工事で断水していることが原因として考えられます。断水が自宅だけか隣近所も一緒に断水しているのかを確認し、自宅だけ断水している場合は水道メーターの脇にある止水栓(丙止水栓)が閉まっていないかを確認してください。止水栓が閉まっていたら開ければ水がでます。止水栓が開いていても断水している場合にはご連絡ください。
水が出ない場合

アパートなどの貯水槽以下装置で断水している場合

中高層建築物など貯水槽が設置してあるアパート・マンションなどの建物の場合は、市の水道管から直結給水していません。貯水槽以下装置の点検や清掃を行ったときの状況が原因となり、又はポンプの故障で断水していると考えられます。
その際には建物の管理人さんか大家さん又は建物を管理している不動産屋さんにご連絡してください。

※狭山市指定給水装置工事事業者に修繕などを依頼される場合の費用は、お客様の自己負担になります

水の出が悪い

水を多く使い、出が悪い朝・夕・晴天・休日のときや、2階の水の出が悪いとき

給水管の口径が細いためか、漏水しているなどの原因が考えられます。その場合は、調査を行いますのでご連絡してください。
水の出が悪い場合

最近、急に水の出が悪くなったり、隣近所と比較して水の出が悪い場合

漏水しているか、ストレーナー(水道メーター、湯沸器等の入口についている網)の詰まり、給水管が古い場合にサビなどが原因と考えられます。その場合は調査を行いますのでご連絡してください。

寒冷時、凍結のための水の出が悪い場合

暖かい室内にある水道管や地中に埋まっている水道管以外は寒冷時に凍結してしまう可能性があります。対策としては、凍結箇所に雑巾などを巻きぬるま湯をかける(熱湯だと水道管が破裂する場合があります)、ドライヤーで暖めるなどがあります。また、凍結防止策として保温材(発泡スチロールやウレタンでできている場合が多い)を巻くことが効果的です。
詳しいことは狭山市指定給水装置工事事業者にお問い合わせください。

※狭山市指定給水装置工事事業者に修繕などを依頼される場合の費用は、お客様の自己負担になります