水道管の凍結にご注意ください

更新:2012年2月8日
気温がマイナスになるとメーターや水道管が凍結する恐れがあります。凍結に伴って管が破損するなど漏水の原因となることもありますので、水道管の維持管理にご注意ください。
凍結によりガラスが破損したメーター
凍結によりガラスが破損したメーター

リストマーク 凍結に注意が必要な例
・気温がマイナスになったとき
・水道管やメーターの周りが外気に触れているとき
・長期間使用しないなど水道管の中で動きがないとき

リストマーク 凍結を防ぐには
・水道管をビニールや発泡スチロールなどの保温材で巻く
・水道メーターに発泡スチロールを被せる
・メーターボックス内に発泡スチロールなどの緩衝材を入れる
※検針の妨げにならないようにご注意ください

リストマーク 凍結して水が出ないときは
凍結した部分に布を被せ、ぬるま湯をかける
※熱湯は破損の原因になりますので避けてください

リストマーク 凍結で水道管が破損したときは
メーターボックス内の止水栓を右に回して水を止め、至急、狭山市指定給水装置工事事業者へ直接修繕依頼をしてください。なお、修繕にかかる費用はお客様の負担となります。